レビュー

Giuseppe Verdi: Il trovatore
(野外回転劇場チェスキー・クルムロフ市)

「主役歌手の中でも特にレオノーラ役の金城由. .起子に魅了された。」

28. 7. 2018 * クローネン新聞 * Ioan Holender

W. A. Mozart: Le nozze di Figaro
(プラハエステート劇場)

V prvních dvou večerech předvedla nejmozartovštější hlas Yukiko Kinjo.
「2回にわたる初演の出演者のうち、金城由起子の歌唱表現が最も素晴らしいものであった。彼女の軽快で空間的、そして完璧な音程感のある声はスザンナ役に理想的である。」

4. 2. 2018 * チェコテレビ24 * Jakub Kožíšek

M. O. Štědroň: Don Hrabal
(プラハ国民劇場ノヴァ―スツェーナ)

「...金城由起子は、文化的でアメリカボヘミアンのDubenka役、また野性的なジプシー役、両役において楽しく面白いミューズであった。」

16. 12. 2017 * Opera Plus * Olga Janáčková

Giuseppe Verdi: Il trovatore
(南チェコ劇場チェスケー・ブデヨビツェ)

「まろやかな高音で、快い響きのあるリリコソプラノの金城由起子がこのプロダクションの最先端に立った。 特に、流暢できれいなアーチ状のカーブを描く、美しく音楽的で楽器的なフレーズ感覚を評価する。 彼女のリリックな歌声は空間に非常に届き、これはとても肝要なことである。カリスマ的なテノール歌手Paolo Lardizzoneとの共演において歌唱においても演劇面でも更に開花し、この二人の舞台は最大の見どころである。」

24. 1. 2017 * Opera Plus * Jiří Fuchs

E. Humperdinck: Hänsel und Gretel
(プラハ国立劇場)

「初演において、金城由起子がマジェんカ(グレーテル)役で、問題のないチャーミングな歌と素敵な演技で魅了した。」

26. 4. 2015 * オペラの世界 * Olga Janáčková

W. A. Mozart: Die Zauberflöte
(プラハエステート劇場)

「ソプラノパミーナ役金城由起子、本当に繊細で感動的である。なぜなら並以上の深い感情の表現があるからである。」

12. 2. 2015 * ホスポダーシュスケー新聞 * Petr Fiacher

Georges Bizet: Carmen
(南チェコ劇場チェスケー・ブデヨビツェ)

「今回のキャストにおいて、金城由起子別名ミカエラが光り輝いた。子供のような笑顔で舞台をあちらこちらと演技し、完璧な控えさ、謙虚、誠実さと本気で恋をしている村娘の勇気を描き出す。もともとはこのオペラにおいて目立たない役であるが、ここでは彼女の長いソロアリアにおいてメッセンジャー、古い秩序を思い起こさせる存在として、実際には重要人物になる。」

11. 5. 2014 * informuji.cz * Tereza Pavelcová

チェコブデヨヴィツェ市のフィガロの結婚

プラハ国立劇場のフィガロの結婚リトミシュル市音楽祭引越し公演において私にとって最高のバルバリーナ役を歌い上げた金城由起子!スザンナ役も非常によく作り上げた。彼女の光るソプラノは支えがありダイナミックの差をつけることができる。スザンナのアリアをとても感じよく表現した。(最後の長く伸ばすFの音を魅力的なピアノ、弱音で歌う。)

2014年12月9日
ジョージ·フックス
 

二人のやもめ  プラハ国民劇場

金城由起子は、いつものように、質の高いパフォーマンスを提供した。

2013年2月15日
音楽展望雑誌

オルフェオとエウリディーチェ プラハエステート劇場

プラハ国立劇場は、グルックオルフェオとエウリディーチェによるオペラを初演した。アモールは金城由起子が、彼女の小役においても最も純粋で適切なスタイルで演奏した。

2013年2月6日
オペラ誌
 

 

チェコブデヨヴィツェ市  後宮からの逃走

初演キャストの中で、爽やかできらめくソプラノ金城由起子が、ブロンド役で最高のパフォーマンスを披露した。

2012年12月18日
Helena Havlíková

プラハ260年ぶり グルックのエツィオ

金城由起子オノリア役は安定した演奏を披露した。彼女の声は明瞭でとても聴きやすい。

2010年4月29日
Pavel Šimáček

Vivaldi Ostro picta amata, Gloria
聖ヴァーツラフのお祝い

休憩後、金城由起子がOstro picta amataの素晴らしいパフォーマンスを提供した。今回のアーティスト皆説得力のあるパフォーマンスをしたが、グロリアは見事に成功したと言うことができる。

2007年9月15日
プラハのサイモンとジュード教会