ソプラノ 金城由起子

親愛なる音楽愛好家の皆様、

私のホームページへようこそ!

家族や友、そして皆様に支えていただいて今の私の歌があります。

皆様への感謝の気持ちを忘れずひとりでも多くの方の心に響き届くような歌を歌っていきたい、そう思っております。
皆様の訪問を心よりお待ちしております。

由起子

チェスケーブデヨヴィツェ市のフィガロの結婚

プラハ国立劇場のフィガロの結婚リトミシュル市音楽祭引越し公演において私にとって最高のバルバリーナ役を歌い上げた金城由起子シュレイモバー!スザンナ役も非常によく作り上げた。彼女の光るソプラノは支えがありダイナミックの差をつけることができる。スザンナのアリアをとても感じよく表現した。(最後の長く伸ばすFの音を魅力的なピアノ、弱音で歌う。)

2014年12月9日
イジ フックス

カルメン、チェコブデヨヴィツェ市

今回のキャストにおいて、金城由起子シュレイモバー別名ミカエラが光り輝いた。子供のような笑顔で舞台をあちらこちらと演技し、完璧な控えさ、謙虚、誠実さと本気で恋をしている村娘の勇気を描き出す。もともとはこのオペラにおいて目立たない役であるが、ここでは彼女の長いソロアリアにおいてメッセンジャー、古い秩序を思い起こさせる存在として、実際には重要人物になる。

2014年5月11日
Tereza Pavelcová

 

私の好きな名言:

  • パバロッティ:「ライバルは私たち自身である。私は更によりよくあるように努める。他人への挑戦ではなく自分自身への挑戦をする。」